第59回福岡県母親大会

1950年代に繰り返し行われた水爆実験に抗議し、広島、長崎、1954年にアメリカがビキニ環礁で行った水爆実験(まぐろ漁船第5福竜丸が被曝、久保山愛吉さんが死亡)と、3度被曝を体験した日本の母親たちが、「核戦争から子どもを守ろう」と、世界の女性に呼びかけて、スイスで世界母親大会が開かれました。
以来日本では、毎年母親大会を開き続けています。今年の「県母親大会」は、10月22日(日)10時から下記の開催されます。
日時  10月22日(日)10時~17時まで
会場  クローバープラザ  春日市原町3-1-7
記念講演 「貧困世代」いのちを守り、社会を変える行動を
藤田孝典さん NPO法人ほっとプラス代表理事
参加券  700円(学生500円)