消費税大学習会とシンポジウムを開催

消費税廃止福岡県各界連絡会は5月13日、福岡市内で増税阻止へ向けた学習会とシンポジウムを開きました。会場は参加者であふれ、立ち見席も出来るほどでした。
第一部の学習会では、獨協大学教授の森永卓郎氏が記念講演し、大企業や富裕層が消費税を1円も負担していない実態やアベニミクスのもとで格差が拡大し、庶民への消費税負担が深刻になっている事を詳しく解説、消費税引き下げを訴えました。
第二部のシンポジウムでは、野田国義参院議員(無所属)と田村貴昭衆院議員(日本共産党)がパネリストを務めました。野田氏は「消費税は増税できる状況ではない。増税には反対。財源問題をもっと論議すべきだ」と話しました。田村氏は「導入されて30年、大企業減税の穴埋めにされてきた消費税の増税は絶対にさせない」とのべました。両氏とも「増税反対の願いをしっかり受け止め、国民の皆さんと野党共闘を進めていく」と決意を語りました。
参加者からは「消費税を取り巻く状況を詳しく聞け、勉強になった」「大企業の輸出戻し税のカラクリ、富裕層の税金逃れの実態に怒りがわいた」「野党間の協力や市民と力を合わせる話が聞けて元気が出た」などの感想が寄せられました。