共同を広げ、改憲阻止を!

 11月3日憲法発布の日、冷泉公園で「安倍9条改憲NO!福岡県民集会」が開催され、1000名が参加しました。集会の冒頭、9条の会福岡連絡会 石村善治代表と福岡県総がかり実行委員会 青柳行信代表があいさつに立ち、「9条改憲は許さない。市民の声と運動で改憲勢力を押し戻していきましょう」と訴えました。
リレートークでは、国連平和大使の女子高校生 吉原未来さんが「核兵器禁止条約に参加してない日本、おかしい?と思いこの集会に参加しました」「微力だけど無力ではない」と話しました。福岡市教職員組合の平野さんは、「教育の根底にあるのは憲法。憲法を守り、活かす教育こそ大切だと思います」「子供たちか言います。何で戦争するの」て「子供たちにはケンカはするな、仲良くしなさいて『殴られる前に武器持て』なんて教えません」平和がどれ程大切なことか子供たちに伝えていきますと決意を語りました。
続いて、来賓挨拶があり、日本共産党仁比聡平参議院議員と社会民主党から村山弘行幹事長、緑の党から荒木龍昇福岡市議が連帯挨拶を行い、立憲民主党の山内康一衆議院議員からメッセージが寄せられました。
集会終了後、天神までパレードして市民にアピールしました。当日は、北九州でも集会が開催され1500人が集まりました。9条の会 石村代表、福岡県総がかり実行委員会 青柳代表の挨拶があり、「9条改憲は許さない」と市民の声と運動で改憲勢力を押し戻していきましょうと呼びかけました。