5月27日、福岡県労連は、第68回評議員会を開催しました。評議員会では春闘の総括や、今後の県労連体制、情勢に関する議論がされました。
福岡地区労連からは恵藤副議長が発言し、福岡地区労連の共謀罪反対宣伝行動の取り組みが報告され、今後の宣伝行動の協力を呼びかけました。特別決議では共謀罪反対が提起され全会一致で採択されました。  福岡地区労連HPより(活動報告からお入りください)