5月9日(火)、年金切り下げ違憲訴訟第7回口頭弁論が、福岡地裁301法廷で行われ、原告・支援者が130名参加しました。原告のAさんが、切実な生活の実態を訴え、弁護団からも陳述が行われました。
閉廷後、弁護士会館で報告集会が開催され、法廷の内容の紹介をと支援者からの訴えが行われました。
次回の法廷は、8月29日(火)13時30分から行われます。